« ドラクエ再び | トップページ | 盆栽を科学する(根編) »

2012年11月 6日 (火)

盆栽を科学する(種編)

今年盆栽を始め、始めから樹を観察しようと種まきをしましたが、南天が半年経ってから芽が出たように、思ったようには発芽しないこともあることが解りました。

今までやってた野菜だったら、多少のずれはあってもすぐに芽が出るか、あるいはまったくでないかだったんですが、樹はそうではないみたいですね。

思うに、野菜は基本的に「一年草」です。種が出来ればその後は枯れて次世代に移ります。ところが「樹」は寿命が長いわけで、季節的にいついつに芽出さなきゃダメってなってないんじゃないでしょうか。「樹」の気長な性格(?)のせいで、まあ大体は春に発芽が多いんでしょうが、中には忘れたころに目覚める奴もいるということですね。

ケヤキも実際に今頃芽出した奴がいますので、来年以降どうなるのか比較してみようと思ってます(枯れなきゃ)。

「個性」なんでしょうかね?

|

« ドラクエ再び | トップページ | 盆栽を科学する(根編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラクエ再び | トップページ | 盆栽を科学する(根編) »