« 秋晴れ | トップページ | 新入り »

2012年10月18日 (木)

盆栽を科学する(素人編)

おかしなタイトルになってしまいましたが、多分私のような入りたて(素人)の人間の心理って、今じゃなきゃしっくりこないと思うので、あえて「科学」してみましょう。

どんな分野でも、始める瞬間って「面白そうだな」から始まると思うんです。そこで、「本」やら「ネット」やらで調べて、それから「ブツ」を買いに行く。そんなパターンが多いことでしょう。中には、知り合いから勧められてという場合もあるでしょうが、そんな機会は中々ないのが現状かと思います。

初めは「無知(興味無し)」ですから、もちろん本屋で該当の本を手に取ることはまずないでしょうし、道すがら「そのもの」を見ても、興味が突然わくわけでもありません。私の場合は「テレビ」発ですが、やはり大手メディアによる影響は「大」なものがあるでしょう。

しかし、だからといって突然見た瞬間に興味が湧くことは稀で、かなりのインパクトが必要となることでしょう。釣りなら「巨大な魚とのファイト」、熱帯魚なら「息をのむ美しさ」などが、演出よく表現されてると、「興味がわく」可能性が大となるでしょう。(私の場合は、五葉松の圧倒的な存在感でした)

しかし、せっかく始めてみても、難易度や金銭面、環境などで断念することも多々あります。しかし、その興味を引いたものの幅広さが大きかったとしたら「ここからなら始められそうだ」となりやすいですね。実際私が興味をひいた五葉松は「入手不可能」「金銭面不可能」「環境的不可能」というわけで、始めることすらままならないわけでして・・・。そこに「ミニ盆栽」の存在があったからこそスタートした(できた)のが現状です。

盆栽は、もちろん歴史も古く、盆栽たる「ルール」が存在するからこそ盆栽であることには間違いありません。しかし、それのみをもって盆栽であるとするならば、ドアを開けて入ろうとはしたが結局入らない(入れない)ことになってしまうでしょう。

そこで、お願いがあります。初心者は最初が肝心なのです。最初は「こうじゃなきゃだめだ」は封印していただいて、「それでもいいよ」で接していただきたいのです。本当に好きになったら、「こうじゃなきゃダメだ」といわれても納得できるようになっているでしょうから・・・。

|

« 秋晴れ | トップページ | 新入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋晴れ | トップページ | 新入り »