« 挿し木 | トップページ | 盆栽を科学する(光編) »

2012年6月16日 (土)

初心者は突き進む

相も変わらず「やってみないと気が済まない」ので、松の実生を「懸崖」にする方法をやってみました。

Alim0875 カップめんの容器に種蒔いたやつです。

順調に育ってますね。

根もカップの底から顔出してました。

 

 Alim0876

カップの上部を切っていきます。

 

 

Alim0878 ぐるっと切り終わったら、土を除き苗をだらっとさせます。

本来はこの時点で少々曲がついてるはずなんですが、家のは素直にまっすぐ伸びてましたcoldsweats01

種の上に置いたゴロが小さすぎたようです(ゴロの隙間を這うように曲が付くはずだったんですが)

少々強引に外向きにだらっとさせて、今は強制的に雨に打たれてます。このまま、思い描くような状態になっていくのでしょうか。それとも・・・・。

|

« 挿し木 | トップページ | 盆栽を科学する(光編) »

コメント

針金をまいちゃえばいいんじゃない?

投稿: 師匠 | 2012年6月17日 (日) 11:02

針金巻くのは、2~3年経ったやつ向けなのです。
やろうとしてるのはあくまで「自然な曲」なので、実生の状態から曲をつけようとしてるのです。
今後の予定は、さらに掘り下げて根も露出させるつもり。
自然界の崖で芽生えて、風雨に晒されるそのものを針金矯正じゃなく作ろうという目論見です。

投稿: 釣人 | 2012年6月17日 (日) 11:11

確かに物凄く突き進んでますな・・・

いっそ枝に錘をつけるのがいいかも~

投稿: クワユウキ | 2012年6月20日 (水) 12:27

昨日の台風で、ずいぶん曲がりましたよ~happy02

投稿: 釣人 | 2012年6月20日 (水) 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 挿し木 | トップページ | 盆栽を科学する(光編) »