« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月22日 (月)

新作

超久々に「ライブ標本の新作」を作ってみました。かねてから作りたかった「飛翔」系です。

一匹目のアルキデスは、羽を広げてる最中に木端微塵子になってしまったので、オオクワで再トライ。んで、こんなのできました。

Alim0682 結構ぐらぐらするんで、針金で支えてます。

 

 

 

 横から見ると、こんな感じ。

Alim0684 下にこくわを配してみました。

「オオクワ飛ンでっちゃって、このうろおいらがモラッチャウヨ」の図ですhappy01

さて、次は何作ろう。ってかいつ作ろうcoldsweats01

| | コメント (4)

2011年8月12日 (金)

永久欠番

野球の世界では幾つか例はありましたね。でも、サッカー界では初となります。

先日亡くなった松田選手がマリノス時代につけていた「3」を永久欠番とすることをマリノスが発表しました。賛否両論があるようです。

背番号は、団体スポーツで選手が背負う番号で、主にそのスポーツの「ポジション」を表すのに使ってます。たとえば「1」は野球ならピッチャー、サッカーならキーパーがあたります。

ところがプロスポーツになると、たくさんの試合をこなすために、たくさんの選手が必要になるため、背番号もたくさん増やす必要があります。小僧も初めてサッカー始めた時は「34」でした。

基本的には、そのスポーツのスタメン人数、たとえばサッカーなら11人なので、1~11番が「エースナンバー」となり、優れた選手や期待を込めた選手に割り当てられます。

しかし、チームにはファンがあり、同一チームで長く活躍すると「選手=背番号」となることが多々あります。野球の松井の「55」が有名です。

サッカーでは、キーパー以外は、ポジションは決まっていてもその場所にとどまらず縦横無尽に走り回りますから、背番号=ポジションにはなりにくいですが、それでも「10」はチームの司令塔やエースとなるケースが多いです。日本代表では本田が欲しがってましたね。

Jリーグでは、「地域密着」の理念が強いので、「12」は選手が背負わず「サポーターの番号」となってます。サポーターもチームの一員という意味ですね。

これらをふまえて今回の件ですが、私の私見では「?」となります。

松田選手はマリノスをクビになった「松本山雅」の選手であり、現役のサッカー選手でした。今までの例では(野球)、同一チームに在籍しつづけ、そのチームを最後に引退した選手が対象でした。松本山雅が永久欠番にするなら解ります。しかし、なぜ戦力外通告を「出した」マリノスが・・・。邪推ですが、今回の不幸がなければ(もっと後なら)永久欠番の話なぞ出なかったんじゃないでしょうか。

我がレイソルをとっても、もし北嶋が引退しても背番号「9」を永久欠番にしてほしいとは私は思いません。北嶋にとって代わる選手が、レイソルを引っ張ってくれる選手がつけてくれればいいと思ってます。なぜなら北嶋ファンであると同時にレイソルサポーターだから。

なんか、今回の件や国民栄誉賞で、当人が亡くなってから決めるのって故人に失礼な気がするのは私だけでしょか・・・・。

| | コメント (2)

2011年8月 9日 (火)

首位爆走

いや~、またまた間が空きました・・・coldsweats01

我がレイソル、首位決戦に勝ち、また首位に返り咲きです。この調子で最終節にもこの位置にいたいですね。

それとちびレイソル、全国制覇しました。すごいですね~。

PS 今年もこりずにクワセット。千葉産を2系統に分けてます。なんとなく今年は行けそうな気配・・・・。

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »