« 限界の大きさ | トップページ | いろいろ・・・ »

2008年12月 5日 (金)

携帯電話

大阪の知事の発言に、あちこちで波紋が広がってるようですね。私、あんまり時事ネタには食いつかないんですが、テレビのインタビュー聞いてて思わず書きたくなりました。

まず、子供の携帯電話の是非ですが、「賛成・反対」でくくるのは意味が無いです。自動車免許みたいに認可性じゃないんだから、持とうが持つまいが個人の勝手だと思います。でも、「学校では禁止」は大賛成です。理由は「学校に携帯電話は必要ない」からです。インタビューで子供達が「友達とのコミュニケーション」や「防犯」「親への連絡」なんて言ってましたが、どれも学校内にいるときは意味の無い答えだと思います。ましてや、子供が携帯電話持つようになったのなんて、ここ10年くらいのもんでしょ。それまでは、無しでやってこれたんだから、出来ないこたぁないでしょ。

親が「防犯」や「子供の居場所の確認の為」なんていってるのも「たわごと」です。GPSが付いていたって「防犯」にはなりません。「子供の居場所の確認」っていったって、ホントにどこにいるのかなんて解りゃしません。「声が聞こえれば安心」なんて、ただの手抜きです。ホントに心配なら、校門まで送り迎えすりゃぁいいんです。

便利なツールが出てきて、それを使うようになると、人はなんか勘違いしてくるようですね。それがあるのが当たり前みたいな風潮になってますが、それが無くたって別に「いけない」ことじゃないはずです。逆に依存が進むと、無いことでどうしていいか解らない状態に陥ります。自動車しかり、電気しかり・・・。でも、それが無い時代の人は「無いのが当たり前」だったんですけどね。

支離滅裂になってきましたが、「自由」とか「権利」は、それを裏打ちする「義務」や「リスク」があるってことも忘れちゃいけないと思います。

「子供の権利や自由は、大人と同じものではない。大人に従ってこその権利や自由なのだ。なぜなら、子供は義務を負っていないから」

|

« 限界の大きさ | トップページ | いろいろ・・・ »

コメント

そうだそうだ!
ちなみに最後のお言葉はどなたのお言葉で?

投稿: クワユウキ | 2008年12月 6日 (土) 06:53

最後の言葉は、私の持論ですcoldsweats01

投稿: 釣人 | 2008年12月 6日 (土) 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 限界の大きさ | トップページ | いろいろ・・・ »