« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

40000ヒット?

ついにカウンターの数字が40000を超えました、ほんとなのかな?ちなみに右下にある、別のカウンターは50000を超えてます。なんでこんなに差が出るんだろう?

材飼育の幼虫が、早くも材中に潜りました。暑いせいなのか、それとも早く硬いとこ行かないとやばいと思っているのか・・・。結構大きい幼虫なので、材掘るのも大変だと思うんだけど・・・。

明日から8月ですね、今年は暑くなるのかな?アンテの第一回餌交換はどうしよう、暑さが和らぐまで待つか・・・(せっかく22度で飼育してるのに、交換時が暑そうだし)。

| | コメント (2)

2007年7月28日 (土)

材交換

Zai_001 昨年7月に投入し、今年4月に交換した材飼育のホペイの様子を見てみました。触ってみたところ、かなり材がポフポフになっていたので、交換することにしました。

 

 Zai_002

まず1本目、簡単に手で割れて幼虫のお尻が見えました。4月の交換の際は、材の乾燥のため2齢状態でしたが、今回はしっかり育ってました。

 

 Zai_003

材中と幼虫の様子です。すっかり食べつくされてますね。

 

 Zai_004

二本目です、こちらも材は食べつくされています。

 

 Zai_005

出てきた幼虫です。こちらのほうが大きいですね、オスでしょうか。

 

 Zai_006

新しい材に投入です。私は材に穴を開けての投入はしません。材の横に置いて、自分で潜ってもらいます。2~3日で潜れるでしょうか。次の交換は冬ですね。それまで無事に育つことを祈りましょう。

今回は最初の材で、乾燥のためほとんど育ちませんでしたので材の交換をしましたが、本来なら半年に一回で済むと思います。交換のタイミングが難しいですが、割ってみて育っていたり、羽化していたりすると非常に嬉しいのが材飼育の醍醐味でもあります。本当は夏場も冷せると良いんですが、冷し虫家が満杯で入れられない・・・。

PS 冷し虫家の中を調査してみました。庫内温度は22度、アンテはしっかり育ってました。マンディ・ペレメタも蛹になってます。この時期22度って寒そうなイメージありますが、虫にとっては最適な環境なんでしょうか。

| | コメント (2)

2007年7月27日 (金)

眠ってるカテゴリを・・・

ってわけじゃないですが、アジアカップが終わって(まだ試合はありますが、優勝できなきゃ終わりに等しい)今の日本代表に一言・・・。

4バックになって、攻撃力は上がったが失点が毎試合ではため息が出てしまう・・・。3バックにして、中盤以上でなんとかできんもんなのか。

MFのミドル・ロングシュート。打つのは一向に構わんが、せめて枠に入れてくれ。じゃなきゃ怖くもなんともないぞ。

日本人はドリブル突破は苦手なのか?1人いるだけでとてつもない威力を発揮するのだが・・・。今回いれば、オーストラリア戦での数的有利や、後半皆がばてててもいくらでもチャンスがあると思うに・・・。ああ、日本にマラドーナがいればなぁ。(そういや、Jのドリブラーは皆外人か?)

あれば良いと思うこと「俊輔の右足のシュート」「自陣から相手のペナルティエリア内まで、ドリブル突破できるディフェンダー」「シュートが必ず枠に飛ぶFW」「センターラインからドライブシュートが打てるMF」

| | コメント (0)

2007年7月25日 (水)

梅雨明けはどこに・・・

いやぁ、今日は暑いです、30度超えました。それにしても梅雨明けはまだなんでしょうか?(関東) 別にあけなくてもいいんですけどね。

それにしても奇妙なことが一つあります、それは今年は未だに「セミが鳴いていない」んです。なんでだろ?陽気のせい?それともそういう年まわり?トンボはいっぱい飛んでるんですけどね。

| | コメント (2)

2007年7月24日 (火)

どんなグランプリその後・・

3 どんなグランプリ対象幼虫の今です。ん~、微妙ですね。蛹室かな?と思っていたんですが、見た限りでは蛹室には見えない・・・。セミ化の方向にまっしぐらといった状況です。

さて、どうするか?もう一度入れ替えするか、それとも低温に(22度)晒すか・・・・。判断が付きません。

| | コメント (4)

2007年7月23日 (月)

ファブリース

ファブリースノコの寿命ってどの位なんでしょうね。今年羽化した幼虫が、すべて♀だったので累代は諦めていたんですが、オスがまだ生きているんですよ。ビッダしてから1年経ってるよな?んで、とりあえず後食の始まったメスを同居させているんですが、はたして生殖能力はまだあるんでしょうか?確率は低いでしょうが、採れたら嬉しいな~。

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

千葉産オオクワ割り出し

千葉産のオオクワの割り出しをしました。10幼虫2卵を回収して終了。まだ半分割ってませんが材の感じから、いてもあと2匹くらいかな?(1幼虫は鉈がかすったので?、2卵は孵化するかは?)まあまあですね。本来なら2回目のセットと行くんですが、今年はやめとこうかなと思ってます。(気が変わっていくかもしれませんが)

何度か書いていますが、昨年度は手を広げすぎて大失敗に終わった感じが自分でしているので、今年は相当慎重になってます。自分のキャパを超えた飼育は、ろくなことにならないということですね。新潟産も沢山採れたし、千葉産も累代には支障はなさそうだし。

あとは、ホペイとファブリースくらいかな(確証まったくなし)。それと、いつも計画に入っていないのに累代してる「国産カブト」「コクワ」がいるのを忘れがちだし(結構場所取る)。

ん~どうしようかな?

PS ヒルスカブトも忘れちゃいけない(笑)。

| | コメント (3)

2007年7月20日 (金)

アクセス数

あと2ヶ月ほどで、ブログ立ち上げてから2年になります。アクセス数もあと700くらいで4万ヒット・・・・、7月中に達成かな?

しかしまぁ、よくもここまで続けてきたもんだと我ながら関心してます。途中抜けてる日も多々ありますが、ほぼ毎日ってことでどうでしょう(笑)。

これからも、よほどのことが無い限り続けていこうと思ってますので、常連の方々ご愛顧のほどお願いいたします。

PS だからといって、プレ企画はやりません(きっぱり)。多分(すっぱり)。←意味不明。

| | コメント (2)

2007年7月19日 (木)

道具

釣り番組を見ていて思ったことがある。それは「釣り道具は日々進化して良い物になっている」が「昔の道具で釣れないわけじゃない」ということだ。

簡単に言えば、道具が良くなったからって「沢山釣れるようになった」り「大物が釣れるようになった」り「釣れなかった魚がつれるようになった」訳じゃないということだ。

じゃあ道具が進化して何が変わったのかと言うと、一言で言えば「楽になった」だろう。何より「軽くなった」「丈夫になった」「操作が簡単になった」が挙げられる。

さ~て、オールドタックルで釣りにでも行くか・・・。

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

国産カブトの羽化状況

今年も、国産カブがすべて羽化したが、3つあった衣装ケースのうち一つは掘り出さないでおいたのだが、これが面白いように湧いてくるので病みつきになりそうだ。

毎年6月下旬には上部を暴いて蛹室を上から見るのが常だったが、今年は二つ暴いた時点で「♀」や「チビ」ばっかし出てきたので残りの一つはそのままにしておいたのだが、ほぼ毎日のようにがさごそとカブトが湧いて出るのを見て嬉しくなってしまった。もちろん餌は入れておいたので、羽化しているのは解ってはいたが。クワもカブトも、本来は自力脱出までほっておくのが基本ですね。いいもの見せてもらいました。

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

07年度クワ飼育

今年はとりあえず「アンテ」と「入広瀬」の幼虫は確保できた。「千葉産オオクワ」は割り出してみないとなんとも言えないが、だめなら再セットするつもりだ。さてあとはどうしようか?

昨年の大失敗があるので、本年度は少数精鋭で行こうと考え始めてる。予定ではホペイをセットするはずだが、来年にしようかな?オオクワは長生きだし、2年目の入広瀬の爆産が結構気になっているので・・・。

コクワはセットしたし、国産ノコ・元木WEは来年だし、ファブリースはオスがやばそうだし・・・。のんびり行こうか・・・。

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

入広瀬割り出し

さぼっていた割り出しを決行しました。新潟産オオクワです。5/4に同居させ、5/12にセット。6/16にメスをとりだしほっぽっていた奴です。ケース底に幼虫は見えてたんですが、まだいいやとほってあったんですが、そろそろやばいかなと昨日割り出したら・・・・。

結果から言うと「23幼虫・1プチ」の段階でやめました。半分しか割ってませんが、プリンカップが無くなったもんで。いつもの「小ケース・材1本・埋めないセット」です。爆産ですね。親は「2005・6羽化」ですので、2年寝かせたやつです。オオクワの長生きさと、溜め込んだ産みたいパワーが炸裂した感じですね。

さて、ほかのはどうしようか?

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

06~07クワ幼虫飼育考察2

考察その2。羽化した成虫を整理していて気づいたこと、それは「今年は小ぶり」ということだ。早期羽化したわけでもないのに、平均で70ミリに大きく及ばず、最大でも73ミリ程度。メスは平均45ミリに届きそうなほど大きいのだが・・・。

総合的に見て、今回は明らかに飼育の失敗と言えるのかなぁ。理由は多分「劣化するまで餌換えしない法」にあるような気がします。やはり「定期的交換」がベストなのかもしれませんね(基本だけど)。

なわけで、今年はまったくの基本に立ち返って飼育しようと思います。実験は今年はやめようっと。

| | コメント (5)

2007年7月13日 (金)

06~07クワ幼虫飼育考察

いまだ幼虫しているのが多数いるクワガタ幼虫飼育。ここらでちょっと考察してみよう。

まず気が付いたのは、「今年は☆になった幼虫が多い」ということだ。例年☆になるのは数十匹のうち2~3匹で、そんなもんだと思って飼育を続けてきたが、今回は「消えた幼虫」「蛹化不全での☆」が多数出てしまった。なぜだろう?

飼育方法をとりわけ替えたわけではないのだが、温室の電源オフしたころから、「急激な菌糸の劣化ビン」「大暴れの幼虫」が目立ってきたのも事実だし、蛹になってもそのまま☆がでたし、なにより今年は「個体が小さい」のが気になる。☆になってしまった幼虫となんかしら関係があるのだろうか?温度?湿度?換気?

でも、「マンディ」「ギラファ」「コクワ」はそれなりなんだよなぁ。オオクワ系が軒並み不漁なのである。

さて、どうしたもんか・・・・。

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

毎日雨で嫌になってきました。蒸し暑いし。

もう水不足は大丈夫でしょうから、終わりにしてもらいたいもんです。

| | コメント (0)

2007年7月11日 (水)

06~07国産カブト考察

今年も国産カブトが羽化したが、非常に小粒・かつ羽化不全ありという結果になってしまった。今後のためにも「何故か?」をまとめておこう(心当たりがあるんです)。

まず第一に「衣装ケースの劣化に伴う、水没」が挙げられるだろう。数年使ってきた衣装ケースが、太陽の紫外線により劣化。それによって雨水が大量に入り込み腐葉土水没。居場所がなくなった幼虫達は、緊急避難的にすべて腐葉土の上へ。採餌不能とストレスは大変なものだったろう。

第二に↑の理由もあり腐葉土が冬季に異常乾燥の可能性あり。+量的不足もあったか?

第三に冬眠明けの手入れの手抜き。一応腐葉土の追加はしたが、ケースをひっくり返しての手入れはしていない。よって、ケース下部のマット硬度不足の可能性あり。=蛹室形成不全による羽化不全の可能性あり。

というわけで、全部私の手抜きと判明しました(幼虫達すまん)。例年だと、かなりの量の使用済みマットを混ぜているので、マットの重みだけでケース下部は結構かたくなるんですよね。しかし今回はめんどくさくて腐葉土オンリーにしていたので、こういう結果になった可能性は捨て切れません。とはいっても腐葉土だけではダメだというわけではなく、下のほうをしっかり押し固めて、ケース一杯に腐葉土を入れておけば問題は起きなかったかと思います。

PS いくら放置で大丈夫といっても、基本は手抜きしちゃいかんということですね。

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

がきんちょ

しかし、小学校の3年生くらいって、なんであんなに適当なんでしょう。なまいきだし、ふざけるし、言うこと聞かないし、そのくせ忘れ物大魔神だし。えらそうなこというんだったら、自分でなんでもやってみろってんだ。というわけで、きのう拳骨くらわしてやりました。(めったにやりませんよ)

庭のカブトを半分ほど掘り出してみました。今年はちっちゃいです、しかも不全がちらほら・・・。そういや、春に押し固めるの忘れてたな~(反省)。

PS 長期間更新のされていない「お友達」をリンクからはずさせていただきました。みなさん、どうしているんだろう(ちょと心配)。

| | コメント (0)

2007年7月 7日 (土)

マンディブラリス

P7070003 5月に羽化していたマンディブラリスフタマタクワガタを掘り出してみました。ジャンビー産で、9/23に5グラム、12/29に27グラム。この交換を最後にG-POT1500で放置していたものです。アゴの湾曲がすごくて、内歯もしっかりあり、先端もフタマタしてる完品です。サイズはアゴの湾曲がすごいのと、威嚇がものすごいので正確かどうかは解りませんが、93ミリありました。先日羽化のギラファ87ミリと比べてもはるかにでかいです。我が家のクワガタの最大値となりました。

今までの記録は、偶然にも「パラワン」「アルキデス」「ギラファ」が同値で87ミリでしたので、大幅な更新になります。でも、6月末羽化のマンディがまだいるので、密かに期待していますが・・・・。

でも、パラワンもアルキも累代してないし、ギラファもマンディも累代は?状態です。だって怖いんだもん(笑)。

| | コメント (2)

2007年7月 6日 (金)

巨大キュウリ

2 ずいぶん沢山なって、楽しませてくれているキュウリだが、とても巨大なのが採れた。まあ、ほっとけばどんどん大きくなる野菜だから驚くことではないが、真っ直ぐでこれだけ巨大なのは私はあんまり見たことがない。26センチで185グラムもあった。まだまだ楽しめそうです。

PS 庭のカブトをちょこっと収穫してみました。ちょっと小ぶりが多いようです。しかも羽化不全が少なからず・・・・・。蛹室しっかり作れなかった様子ですね。腐葉土の量が少なかったかな~。

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

無題

最近なんか倦怠ぎみです。これだっ!!って気分になれないのです。こんなときはどうすりゃいいんですかね?

クワカブ飼育も、ここんとこ羽化成虫の掘り出しと成虫の餌換えしかやってないし・・・。産卵セットの割り出しもやんなくちゃいけないのにな~。

庭の枝豆はいつになったら収穫できるんだろう?早く食べたいな。

釣り行きてー。

そういや相撲が始まるな。生きのいい力士が増えないもんかな~、時間前に立つお相撲さん。

サッカーのアジアカップ始まるな~。全部勝って優勝しろー。

| | コメント (0)

2007年7月 3日 (火)

多忙

いや~、また忙しくて記事書けませんでした。明日は大丈夫かな?

日曜の娘とのデートですが、ポケモンセンター・・・異常に混んでました。とりあえず買い物先に済ませて、そのあとジラーチの配布の列に並びましたが1時間半待ち・・・・。娘ともども「帰ろっか・・・」とため息が出てしまいました。それでも貰って出てきたら、今度はポケモンセンターが入場制限(1時間)になってました。二度とここには来ないでしょう(笑)。

庭のカブトが羽化し始めました。今週が羽化ラッシュかな?

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »