« オスとメス | トップページ | 種の同定 »

2006年11月30日 (木)

今朝テレビのニュースを見ていたら、何やら聞きなれた地名が・・・っておい!近所ジャン。

それは「鮭が見つかった」というニュース。別に川に鮭がいるのは当たり前ジャンと言わないで、だって見つかった場所が場所なんだから・・・。当ブログの題名にもある「手賀沼」に注いでいる川なんですよ。

手賀沼と言えば、30年近くにわたって「汚染ワースト河川日本一」をはからずも拝命していた沼なんですから・・・。

私も手賀沼の近くに住んでかれこれ40年以上になりますが、今まで色んな手賀沼の姿を見てきました。小学校低学年まではまだ綺麗で、30センチはあろうかという「カラス貝」もいました。そのあと急激に汚染が進み、一時は「あおこ」が湖面を覆い付くし、釣りの際仕掛けがまったく水の中に入らないなんてこともありました。背骨が曲がったり体に穴が開いた魚も沢山見てきました。

数年前、強制的に大量の水を流す事業が始まってから、みるみる綺麗になってきたなとは思ってましたが、まさか迷い込んだとはいえ「鮭」が見つかるとは驚きです。見つかった場所の300メートルくらい下流では、よくフライで鯉釣ってましたから(笑)。

まあ、今後も鮭が登ってくることはないでしょうが、川が沼が綺麗になって沢山の種類の魚がいてくれれば、釣り師にとっては願ってもないことです。

もう二度と汚くなりませんように(祈)。

|

« オスとメス | トップページ | 種の同定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オスとメス | トップページ | 種の同定 »