« 温室オン! | トップページ | これさえ知ってれば飼育は出来る! »

2006年10月10日 (火)

反省!!

クワカブを始めたばかりの人の質問に対して「簡単です」とか「大丈夫」と言う返事を多く使っていた気がする私だが、今日そのことを反省しなければという出来事にあった。

昨年オオクワのペアをあげた人に一年ぶりに会ったのだが(超初心者)、「産卵セットを一応組んだのだが幼虫いるのかいないのか解らない」とのことだったので様子を見てみたところ・・・。

「加水は水に産卵木を沈めた」「その後少し陰干しした」「産卵木をマットに埋めて(皮は半分剥いた)メスを入れた」「その後2ヶ月放置」とのこと。多分累代をしている人には「問題ないじゃん」と映ることでしょう。しかし実態はというと・・・。

まずケースを渡されて第一印象・・・「軽っ!」。小ケースに産卵木、マットが入ってるにも関わらずまるで何も入っていないような重さ・・・。そうです、乾燥しきっててぱさぱさなんですね。でもしっかり加水はしてるのになぜ?実はマットは加水してなかったんです、でもこれだけじゃ加水した産卵木は乾燥しません。ケースは市販のよくあるケース、要は蓋とケースの間に何もない状態なんですね、これが落とし穴だったんです。コバシャばっかり使ってる人間は考えない事態なんです。

コバシャなどの害虫防止策をとってる人は、それだけで実は乾燥防止もになっているんです。しかし、それを知らない人は、「放置」というとホントに「ほっとく」んですね。だから乾燥は進み、乾燥しすぎてコバエも湧かない、だからそれでいいと思っちゃうんですね。

大反省です。これから始める人、そんなに興味の無い人に説明するときはもっと細かく説明しなければいけなかったんです。もしくはグッズを指定して「これこれを用意して、こうして」と言うべきだったんです。驕りですね・・・。

これらをふまえて、後日「本当の初心者のための飼育マニュアル」を作ってみようと思います。細かい説明は嫌がる人もいるでしょうから、「完璧にこの通りにやってみてください」方式にしてみようと思います。こうご期待。

|

« 温室オン! | トップページ | これさえ知ってれば飼育は出来る! »

コメント

どーも!
何もわからない人に、理解させるのはとてもむずかしいね。現在の有名ブリーダーや飼育困難種の飼育に成功している人だって、必ず飼育の優しい種からステップアップしてきている。試行錯誤しながら問題を解決するスキルを身につけたことが重要。大切なのは「あんばい」なのだが、これが伝えられるか?
うちの奥さんに水をやられた植物は、どんどん元気が無くなる!なぜだ~!

投稿: 師匠 | 2006年10月10日 (火) 19:10

釣人さん、こんばんわ。師匠さん、はじめましてm(- -)m

確かに初心者の方に教えるということは大変ですよね・・・。

自分はそーゆー時ネットで調べるように伝えます。
興味があるならそれも楽しいですし、自分で調べたことによって飼育する個体が産卵→孵化→幼虫・・・。
そして試行錯誤しながら自分のやり方を見出していく・・・。
それって結構(かなり♪)嬉しかったりするんですよね。。。
(大抵それでハマってしまいます♪)

でも、便利な世の中になりましたよ!『インターネット』。
キーワードを入力するだけで色々な情報が手にはいるのですから!
しかも同じ趣味の方たちと知り合えたりもするし!


投稿: ひろひろ | 2006年10月10日 (火) 20:25

マイドです~。

ひろひろさんの言うことが一番いいとは思いますが、何となく飼ってみたい人って意外と多いんですよね。
そんな人ってネットで調べてまで飼うことをしないんで、放置と言うと究極の「放置」をするようなんです。
もちろん放虫の害だけは強調して譲りますが、飼うことは出来ても「累代」は?になるようです。
ほんとの意味で「なんとなく飼ってみようかな」なんですね。
ネットの世界に入り込んでくる人でも、中にはロム専の人もいますから、そういう人向けでしょうか?

投稿: 釣人 | 2006年10月11日 (水) 11:43

ひろひろさん、はじめまして。

「自分で調べよう!」と思うだけで、その人は合格です。その時点で試行錯誤が始まっていますから (^^)
まったく悪いことではないのですが、過去ログも読まずに、ここのようなBBSにあまりにも初歩的な質問(たとえば餌は何をやればいいのでしょう的な)をされても私などは?っと思ってしまいます。自ら情報を集めようとしない人に、10説明しても伝わるのは2~3ではないでしょうか?

投稿: 師匠 | 2006年10月11日 (水) 20:46

師匠~、私の言いたいことも同じです。

でもね、ここの常連さんたちみたいな人ばっかりじゃないのも事実だし、かえって「何となく」派の人が正しい知識が無くて「放虫」をする危険性は高いと思うんです。
だから、啓蒙活動の一環としてみてもらえればいいんじゃないかな。

投稿: 釣人 | 2006年10月12日 (木) 11:10

どーも!
啓蒙活動は大切だね。これでもか!ってほど、言い続けなければならないけど、みんなでがんばりましょう!
ここの常連さんたち(書き込みはしないけど隅々まで黙々と読んでいる人も含む)は、実力のある人はより深く、初心者の方は知らず知らずのうちに知識を身に着けていると思います。

投稿: 師匠 | 2006年10月12日 (木) 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温室オン! | トップページ | これさえ知ってれば飼育は出来る! »