« 観察の薦め | トップページ | ゲットの旅 »

2006年10月18日 (水)

釣り針

ホントに久々の釣りのお話です。今日は「釣り針」の話をちょっとしようかなと。

釣り針というのは、釣り道具の中でも一番大事なアイテムです。なにしろこの釣り針を魚に引っ掛けて釣るのが「釣り」ですから・・・。餌や竿を用いない釣りはあっても、釣り針を用いない釣りはありません。「釣り」=「釣り針」なんですね。

ですから、釣り針というのはものすごい種類があります。対象魚の数だけあるといっても過言ではなく、ルアー釣りではルアーの種類ごとの専用バリも存在します。

釣り針の命はなんと言っても「鋭さ」です。さなかの口に引っ掛けるわけですから鋭くないと刺さりません。こまめにチェックして鋭さを保つのが、必釣法のひとつともいえるでしょう。最近では断面を三角形にしたり溝を付けたりと、鋭さを高める釣り針も出てきました。

また刺さった針が抜け落ちないように「返し」が付いているのが一般的ですが、返しが無くても抜けにくい構造の針もあります。キャッチ&リリースの釣りの場合、傷を最小限にするために返しの無い針を使うことが多いです。

返しがあると抜けにくい反面、はずしにくいということがありますが、最近では「アウトバーブ」という返しが外側に付いている物があります。これは抜けにくいのにはずしやすい優れものだと私は思います。

色々な釣り針を並べて比べてみるだけでも、結構面白いもんです。

PS それにしてもルアーに使う釣りバリはでかいよな~。

|

« 観察の薦め | トップページ | ゲットの旅 »

コメント

PS について、ルアー対象魚の口も、ハリに負けず劣らずでかいよなー。ルアーに喰いつく魚は、日常、高速で動く餌に超高速で喰いついているので、ハリがでかかろうが、糸が太かろうが、全く見えてないのでは・・・
だから、キスをはじめ 虫餌等を喰う対象魚(ハリを小さく、ハリスを細く)とは全く逆のタックルに・・・
ところで、断面三角で、内側に返しが付いているハリって、オオクワの大あごにそっくりですね。喧嘩した時つい力余って挟み込み過ぎて抜けなくなったりしないんだろうか?飼育ケースの蓋で良くある現象ですけど・・・

投稿: 翔 | 2006年10月18日 (水) 23:15

翔さんこんにちは~。

ルアーの対象魚っていわゆる「フィッシュイーター」ですから、「一撃必殺」で獲物を仕留めるためどでかい口で「バクっ!」てのが多いんですね。
「だから針はでかくても大丈夫」という説と、「でかくないと飲まれちゃう」さらには「針の大きさというよりもルアーとのバランス」と色々理由があるみたいですね。

オオクワのアゴと・・・たしかに似てますね、でも返しの向きは逆ですから刺さって抜けないことはないでしょう(笑)。クワガタの内歯って相手を挟む際の単なる滑り止めのように思うのは私だけかな。

投稿: 釣人 | 2006年10月19日 (木) 09:26

釣り人さん 今晩は
内歯じゃ無くて、大顎の先端に返しのようなアンダーカットが・・・

投稿: 翔 | 2006年10月19日 (木) 19:38

失礼しました、先端部分ですね。確かにそっくりですね。

ある本によると、あの返しのような部分はケンカや材を齧ったときに、オオアゴの先端がもし折れてしまっても、破損が他に及ばないようにするためにあるとか・・・。
実態は解りませんが・・・。

投稿: 釣人 | 2006年10月20日 (金) 14:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観察の薦め | トップページ | ゲットの旅 »