« やっと復活した | トップページ | 入広瀬 »

2006年6月 9日 (金)

開幕!!

いよいよワールドカップが始まります。サッカー少年だった私は待ちに待った4年間でもあります。また、今年はWBCも開催されましたのでサッカーと野球について語ってみたいと思います。

まずサッカーですが、わたしの脳裏に焼きついてる選手といえば、「ベッケンバウアー」「ルルートフリット」「ゾフ」が挙げられます、年がばれますね(笑)。いずれも強烈な個性で忘れようのない選手です。細かい経歴はあえて語りませんので、気になる方は検索してください。

野球ではやはり、「王」「長島」そして中日の「小松」ですね。こちらも個性派です。最近は強烈な個性の選手が少ないかな?

次に競技としての観かたです。サッカーは常に動き回ってるので最初は見ずらいですが、慣れてくると突然あらぬ方向から選手が出てきたりしてハラハラ度は抜群です。手を使わず足だけでボールを扱う様は見ていて芸術的でさえあります。ピッチ(グラウンド)に立つと解りますが、ゴールはとてつもなく大きいのになんで点が入らないんだろう・と不思議さも際立ってます。観戦のネックといえば、いつ点が入るか解らないのでちょっと休憩・が出来ない点です。

野球は球場に足を運ぶとそのよさが際立ちます。ボールの速さ、足の速さ、同じ人間とは思えません。なにより大量点が入るのが魅力の一つです。休憩も挟めるしビール飲みながら見るにはもってこいです(笑)。難点は試合時間が長すぎること、飽きることがあります。

次に自分がやるなら、また子供にやらせるならですが、私は小さいうちは「サッカー」を薦めます。なぜなら始めるのが簡単。ボールが一個あれば何人でも出来ますし、基本は走ってボール蹴ってなので体に負担をかけず、十分な運動として現代っ子にはうってつけでしょう。野球は最初にいろいろ道具を揃えるのがちょっと負担になりますし、ひじや肩の負担も気になります。

しかし、年くってからも続けられるのは断然野球です。サッカーは走れなければ話になりませんが、野球なら休憩しながらでも出来るのでおじさんにはうってつけです(笑い)。

ワールドカップドイツ大会予想。日本はグループリーグ2勝1敗で決勝へ、決勝リーグは惜しくも敗退・ベスト16止まり。優勝はブラジル連覇と読みます。気になる国は「メキシコ」「オランダ」です。どこまで勝ち残れるのか・・・。

|

« やっと復活した | トップページ | 入広瀬 »