« 冬・・・ | トップページ | 幼虫の成長度 »

2005年11月25日 (金)

流行か・・・?

娘が「風邪」をひいた。23日の昼頃から38度を超える熱で今現在も下がらない・・・。

昨日の夜半には40度を一時的に超えてしまった・・・。医者によると「インフルエンザ」ではないが、「たちの悪い風邪」という診断だ・・・。

今年、かみさんも肺炎になりかけたことがあったのでその辺を心配している・・・。

今日は仕事でちょっと遠くまで行っていたので、何かあったらおふくろに(私の)言ってすぐ医者に行くよういっといたが、なんとか大丈夫ということだった。

娘は高熱と咳がひどいが、吐き気・下痢というパターンもはやってるらしい。どちらにしろ小さな子供にとってはつらく、見ているこっちも痛々しい・・・。

昨晩はにいちゃんと私は別室で隔離されてたが、一家全滅は避けたいところだ。手洗い・うがいを励行しうつらないようにせねば。

早く良くなれ~。

|

« 冬・・・ | トップページ | 幼虫の成長度 »

コメント

666ゲット!ダミアンだ~

インフルエンザのワクチンは接種しましたか?
当らないことも多いけど、やらないよりはましかもね。

うちは子供が風邪をひくと、だいだい一家全滅です。
子供→奥さん→私の順番。

投稿: 師匠 | 2005年11月25日 (金) 20:11

釣人さん、娘さん大変っすね・・・
子供が高熱を出すと、本当に可愛そうですよね。
家の子も1歳の時40℃を超えて、熱性痙攣になったことあるので、熱には注意してます。
当地区では、例年より2ヶ月も早くインフルエンザによる集団風邪で3校が学級閉鎖になりました。
我が家は4人とも、一応ワクチン接種しました。
お子様、くれぐれもお大事に!

>師匠さま
お初です。
何でも、釣人さんとのお付き合い20年とか!?
これからも宜しくです!

私事ですが、昨夜オオクワの幼虫の1回目の菌糸瓶交換しました。(8月取り出し分)
3ヶ月で、♂は21.6g~24.8g。♀は9.1g~11.1gと先ず先ずでした。
しかし、本日見るとほとんどが暴れていました(ToT)

到着して2日目の菌糸瓶でしたが、同じ温室にいれておいたので条件は大丈夫と思うのですが・・・
酸素不足か、二酸化炭素過剰かと考え(←何せオオクワの幼虫飼育は今年が初めてwww)いろいろ調べてみました。
オオクワガタの暖家のHPで、最初の10日位は蓋の代わりにティッシュペーパーを使うと落ち着くって書いてあったので、やってみました。
明日、確認してみます。

では!

投稿: kazu | 2005年11月25日 (金) 20:52

kazuさん、はじめまして!
釣人さんには、わがままな私にもかかわらず長いことおつき合いさせていただいています。

輸送の振動や温度変化で菌糸が刺激されて、一時的に菌糸の活動が促進されて酸素消費量が増えます。今の時期は管理温度が菌糸の活動に最適な温度になりがちなため、キノコの発生や酸素不足には注意が必要です。幼虫が暴れた場合には、菌糸は菌膜を形成しようとするため、酸素消費量の増加→さらに暴れる→菌床の劣化という悪循環に陥りがちです。
外気温と室内温の差が大きい時期は、輸送後に養生期間をいつもより長めにしたり、幼虫投入後には瓶を倒して置くなどの措置が必要な場合もあります。
暖家のHPは大変参考になりますが、ティッシュペーパーの場合、コバエのアタックを受けるのは必死ではないでしょうか?
菌糸瓶に余裕があるのなら、新しい菌糸瓶に交換されてはいかがでしょうか?

投稿: 師匠 | 2005年11月26日 (土) 00:26

師匠さん、とても分かりやすいレスありがとうございました!
なるほど、暴れがさらなる暴れを呼んでしまうんですね^^;
本日もう一度チェックしてみて、菌糸瓶には少々余裕があるので交換の必要なものは交換してみたいと思います。
本当はブロックを購入して菌糸瓶を自作すればいいのですが、これは来期の課題にしたいと思います。
暖家の商品は割高ですのであまり購入しないのですが、HPはよく参考にさせて頂いてます。
とても良心的ですよね。
ただ、今回の場合コバエには細心の注意を払ってみます。

いろいろとありがとうございました。
これからもご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ宜しくです!

>釣人さん
いやあ、師匠さんというHNぴったりですね。
釣人さんが師匠とお呼びになるのわかります。

私からすれば、釣人さんが師匠ですから・・・
師匠さんは大師匠さんと呼べばいいっすかね(笑)

投稿: kazu | 2005年11月26日 (土) 07:53

師匠、kazuさんお気遣いありがとうございます。
インフルエンザのワクチンは摂取したんですが、先週のことなのでまだ有効には働いてないかも・・・。
今朝の様子を診て朝一で医者に連れてこうと思います。
暴れの問題は、やはり蓋とって飼育温度を一時的(一週間)に下げると起こりにくいです。20度前後位かな。蓋の代わりに幼虫の食い粕で菌糸の上を覆うとコバエもわきにくい感じ(なんの根拠もありません)。
万が一わいても、菌糸ビンなら出てこないし、いっかーというやりかたしてます。(いいかげん)

投稿: 釣人 | 2005年11月26日 (土) 08:14

釣人さん、ありがとうございます。
今職場なんで、これから自宅へ帰り、菌糸瓶チェックしてみます。

でも、子供が熱でぐったりしてると、本当に見るに忍びないですよね・・・

ではまた!

投稿: kazu | 2005年11月26日 (土) 12:54

子供の風邪は心配ですね。
丁度冷え込んできて、空気も乾燥し、風邪ウイルスには都合の良い季節ですから、気を付けて下さい。

うちも、インフルエンザワクチンの接種は終了しました。
昨冬は、我が子が風邪をこじらせて、軽い肺炎を起こし入院する騒動がありましたので、「うがい」「手洗い」は欠かしていません。
尚、ワクチン接種はしておくと、「かからない」のではなくて、「かかっても軽症で済む」ようです。
昨冬の私は、ワクチンのお陰か、比較的軽症でした。

お大事に。

投稿: まさ | 2005年11月26日 (土) 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138342/7312799

この記事へのトラックバック一覧です: 流行か・・・?:

« 冬・・・ | トップページ | 幼虫の成長度 »