« オオコクワへの道 3 | トップページ | 虫の世話 »

2005年11月18日 (金)

材割採集について

クワの採集方法の一つに「材割採集」というのがある。特にこれから、寒くなる時期に行われることが多い。要は、朽木を割って中にいる幼虫や成虫を採集するのである。

クワの採集方法としては古くからよく知られ、マニュアル本にも必ず載っている。クワの生態や生活様式を知る上でも有効である、が・・・。

ここ数年ではこの「材割採集」自体が悪者扱いされ始めてる、なぜか?

特にオオクワだが、オオクワ自体が局地的にしか生息していない上にほとんど誰かの所有している山である。さらに腐木の立ち枯れや倒木は、木が枯れきのこ菌で朽ちてオオクワの幼虫が利用できるようになるのに大変な年月がかかる。

これを踏まえたうえで・・・、他人の山に勝手に入り無断でガンガン木を削り、散らかしてく奴ら。まだ、きのこ菌が付いたばっかでクワの利用できない木まで削ってく奴ら・・・。

こんなマナーのへったくれもない奴らが勝手なことをし放題なおかげで、山の持ち主が「山・立ち入り禁止」にしてしまう。あたりまえだよね・・・。

さらに、これから何年もクワの産卵木になるであろう木まで削って破壊してしまう・・・。累代できなくなるよね・・・。

これが近年の材割採集否定論の根源である。なにもわざわざ材割しなくても、オオクワ手に入るでしょ?それより自然界のオオクワ守ろうよ・だね。

ある昆虫学者が言っていた「昆虫はいくら採集してもけっしていなくなることはない。ただし住むべき環境がなくなると絶滅する」と・・・。クワで言えば、森がある限りいくら夏に樹液採集してもけっしていなくならないってこと。ただし住むべき環境(この場合腐木だね)がなくなると累代がストップしいなくなってしまう。

枝一つ落ちてない公園でもクワが採れるのは、必ず近くに幼虫の生活できる環境が必ずあるんだ。コクワやノコは1km以上移動できるからね。あたりに見当たらなくても、公園の生きてる木の枝が一つだけ枯れてるなんてのがあれば、そこが産卵場所になる。

これだけクワの飼育人口が増えて、オオクワが商取引されるようになると「採集圧」がものすごく高まり、沢山の人が「材割」すると最悪クワが絶滅する・・・。だから「材割やめよう」という声が高まってるんだね。

けど私は思うんだ。昔からクワ(オオクワ)飼育してマニュアルを作ってきた人たちは、必ずといっていいほど「材割採集」やってきてるんだ。だからこそクワの生態に詳しくなり現在の飼育マニュアルや飼育グッズがある。けど、今は↑でいったような状態だからやめようとなってる。気持ちは分かるけどなんかずるくない?自分たちだけやってきていろいろクワのこと詳しいのに、初心者はやっちゃダメって。

私自身も材割はやったことあります。すごく勉強になった。今はやってません、↑の言うことも分かるから・・。だけど、やったことあるからこそやめようなんていえるんだよね。やったことないのにやりませんとは言わないでしょ。やってみたいもんね。

だから私はやっちゃいけませんとは言いません。というか言えません。だけど、アドバイスは出来ます。「材割採集」するなら・・・。

1、山の持ち主にきちんと説明し許可をもらってからしましょう。割りかすは必ずかたずけ景観を損なわないよう心がけましょう。

2、きのこがきれいに生えてる木には幼虫はいません、削らないように。産卵痕がついてたり、きのこの枯れてる木が本命です。ただし、必要以上に削らないように。削っても食痕が出ないようならあきらめましょう。

3、立ち枯れは削らないようにしましょう。景観を損なうだけでなくオオクワの好む大事な発生木です。次世代にオオクワを残すためにも・・・。

最後にコクワ好きの人のために・・・。コクワは直径5センチほどの小枝にも産卵します。近くの林でコクワが取れる場所があり、小枝(5センチ×30センチ)が落ちてたら割ってみてもいいと思います。持ってみて軽くてよく枯れてるやつね。このくらいだったら環境破壊にはならないでしょう。割りかす残さないためにも家に持って帰って割りましょう。ただし、公園や持ち主がだめって言ってる場所は不可。穴場は河川敷です。だいたい国の管轄ですが、落ちてる枝一つ持ってった位で文句はいわれません。洪水のたび小枝なんか沢山流れてっちゃうからね。

節度を持って、マナーを考えて材割しましょう。

|

« オオコクワへの道 3 | トップページ | 虫の世話 »

コメント

>節度を持って、マナーを考えて材割しましょう。
そう!これが一番大事。
けど、これだけ採取人口が増えてしまうとマナーを守れない人は必ず出てくる・・・
採取方法だって、オオクワの累代が出来なかった頃は、花火やチェーンソーまでつかって採取していたやつがいた。
みんなが何事にも節度とマナーを守っていれば、争いごとや問題なんておきない。ましてや規制も必要ない。
節度とマナーのない人のために、規則や罰則はあるのです。

材割採取の是非については、あちこちで散々議論されてきたけど、結局最後は罵り合いになって終わり。それぞれ、価値観や目的が違うからね。

投稿: 師匠 | 2005年11月19日 (土) 10:08

まったく同感です。さらに業界大手の社長が密輸で逮捕されたでしょ、なんかリスト入り秒読みみたいな雰囲気だよね。困ったもんだ。

投稿: 釣人 | 2005年11月19日 (土) 10:50

こんにちは。
私は奥羽山脈の麓に住む者です。
私は材割り採集をしたことがないですが、材割り採集には反対です。
クワの発生木がなくなる、というのもありますが、それ以前に近年、開発によって森どころか「山がなくなる」速度が異常に早いからです。朽ち木どころか、木そのものが減っている状況を目の当たりにしているからです。
クワガタに触れるということは、社会に触れる事でもあるなと、つくづく思っています。

投稿: はぬる | 2015年11月17日 (火) 01:55

はぬるさん、こんにちは。
このブログは更新してないんで、たまにのぞきにくるていどなんですが、たまたま今日きたもんで・・・coldsweats01

森の近くに住む人の言葉には説得力があります。
なにしろその人の「住環境」に直結しますから。
その目で見て、感じて、考えた結果がそうであれば、私は肯定しますよ。
将来(後世)のためにもぜひ頑張ってください。

投稿: 釣人 | 2015年11月18日 (水) 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138342/7180935

この記事へのトラックバック一覧です: 材割採集について:

« オオコクワへの道 3 | トップページ | 虫の世話 »